借金で死ぬことはない

昔は借金といえば遊興費か女遊びなど相場が決まっていましたが、住宅ローンの負担やリストラなどの理由で、生活費を補填するために借金をせざるを得ない気の毒な人たちもいます。
多額の借金を返せなくて、 夜逃げか一家心中かというところまで追いつめられて、私のところに来られた方もいます。
3百万、4百万円は結構な金額ですが、それぐらいの額の借金で「死んでしまおう」と思ってはいけません。
それくらい「屁」と考えればいいのです。
なぜなら人.周は本来、百億円でもきかないほどの価値があるからです。
脳の数パーセントしか使われていない人固の潛在能力はものすごいのです。

数百万程度の借金で、自ら死んだりして、かけがえのない命を失ってしまったらあまりにももったいない。
本末転倒です。

本当に苦しいのなら、そしてお金だけのことなら一時逃げてもいいのではないか、そんなふうにも思います。
生きていれば不義理を解消するチャンスもあるでしょう。

これは借金踏み倒しの裏技のように思われると心外なのですが、相手によっては「返そうとは思うんですが、 今は苦しいので千円でお願いします」と言ってみたら良いと思います。

健康保険などをお金がなくて払えなかったら、お子さんを連れて担当者に頭を下げるのです。そして心からの気持ちでこう言ってみてください。
払う意志はありますが夫がリストラされてしまって、家計がとても苦しい。だから 、少しずつでもどうか払わせてください」と頭を下げて千円ずつ月々払うのです。

そうしておいて浮いた分の金額は貯蓄する。
ファッションや車につぎこむのではなくて、子どもの教育費や資格取得の勉強など有意義な目的に使うのです。

そうしておいて、自分の心の余裕を取り戻すことが大切です。

自分の心が伸びやかであれば、いろいろなアイディアも湧くはずなのですから。

また、逃げてもいいとは述べましたが、こんなふうにする方法もあります。たとえ怒鳴られても蹴られても、百円でもいいから返しに行くのです。

「返済させて欲しい」と申し出て返しに行き続ける。
何年かかっても返しに行く覚梧を持ってやり通せば、そこにチャンスが生まれてくる。
相手側にその覚梧が伝わるものです。

死ぬ気で相手に立ち向かえば、そこではじめて道が見えてくる。
道が開ける瞬間があるのです
だから、絶対に諦めてはならないのです。
諦めれてしまえば、まだ埋もれている未知の解決方法を探り当てることはできません。

お金ですむこと、お金だけですむことであればそんなやり方もあるのです。
そのために、私たちのような人間を利用して欲しいと思っています。

体は小宇宙である