友達は百人もいらない

たくさんの人と知り合って刺激を受けたり、切磋琢磨するというのはいいことです。でも、友だちを百人も2百人も作る必要はないのではないでしょうか。

本当に納得できる大切な友だちであれば、3人か4人しかいなくてもいいのです。
大切な及だちはが一人しかいないよりは、もう少しいた方がいいかもしれませんが、それでもあなたのことを理解してくれる人が、この世で最低一人はいるということですよね。

とってもありがたいことだと思います。
全く親しくもなく、心を打ち明けあうこともないような友だちが百人いても仕方がありませんよね。

携帯電話に登録できる知り合いをひたすら増やすよりは、自分の周りにいるたった3人か4人のお友達を大切にするべきなのです

地球上には億人以上の人が存在しています。生 きている間に知り合えるのは多くてもその百万分の一程度です。

その中で親しくなるのはもっともっと少ないものです。
ですから、そういう人たちとはご縁があるわけです。

今ある交流というのも決して偶然ではありません。
人の出会いというのは天文学的に低い確率です。

それでも人間だから気が合う合わないというのもあります。
一度接点を持ってまた離れていく縁でも、何かしら勉強になったり自分に残るものがきっとあるはずです。

自分と出会ってくれてありがとう」、「交流してくれて嬉しい」そういう気持ちを持って、今あなたと交流を持ってくれている人を大事にしてあげてください

これは友人に限りません。仕事相手もそうですし、最も大事な家族に対しても、そんなふうに考えて接してみたらいかがでしょうか。

解決策は必ずある!