神社の参拝の仕方【参拝】

〈参拝〉
1.正門の鳥居を潜りましょう
鳥居の内側は「結界=神域」です。

2.手水で両手を口をゆすぎます (浄化)。

3 .参拝する場所では正面に立たず、左右のどちらか横に1歩移動しましょう。
正面に立つのは神様に不敬とされているのと同時に、神様のエネルギーが高すぎるために直接向き合わない方が良いと考えられています。

4 お賽銭をさい銭箱に入れます。
円(1円、5円、10円、 50円) を1個ずつ入れてください。
お金は鐘に通じます。1円~50円はそれぞれ音の違う硬貨なので、境内で共鳴しあうとされています。

5. 鈴や鐘を鳴らして神様に合図を送ります。

6. ニ拝ニ拍手一拝します。
(1)神前に進み、背中が平らになるまで2度、深々と頭を下げます。
(2)胸の高さで拍手を2度打ちます。
(3)もう1度深々と頭を下げます。
・ニ拝一一拍手一拝の前後にさらに軽い会釈を加えれば、いっそう丁寧になります。

神社の参拝の仕方【参拝の心得】