間取り

風水の間取りには8つの玄関の向きがある

風水とは、中国の陰陽五行の理論を取り入れ、気の流れを看極わめ整えることで、
多幸招来を取得する学問体系の思想です。風水で特に重要なのは玄関です。

玄関というのは気が入ってくる入り口ととらえ、家の間取りでも特に大事なところです。
この【玄関の向き】で判断する方法を【宅卦】(たっけ)といいます。

これ自体は、家そのもの自身のことなので、人の生年月日とは関係ありません。
【宅卦】は、その家自体が持つ磁場を意味します。

「宅」とは「自宅」のことで、「卦」とは、「八卦」のことです。
玄関の向きによって、家のタイプを8つに分けます。
これが、その建物の吉凶方位となります。

そしてこれは、その建物にいる人全員共通の吉凶方位です。
この方位と本命卦の方位が両方とも吉方位でしたらとても良いとされます。

【宅卦】といえば「八宅風水」という流派が有名です。
日本にはこれが合うのではないかと考えています。
この【宅卦】によって、家に流れ込む気の流れが違います。
その気の流れのことを【宅氣】といいます。

【宅氣】には5種類の気の流れがあります。
【宅卦】の八方位と【宅氣】の5種類の気の流れの組み合わせが、その家自身の磁場になります。

風水の【玄関の向き】とはなに?

【玄関の向き】とは、玄関の「位置」ではなく「向き」、
つまり、玄関から屋外に出る場合の人が出る方向のことです。

風水学では、これを「向」(こう)といい、その「向」(こう)の180度反対の方位を
「坐」(ざ)(坐山または座山ともいいます)と呼びます。
合わせて【坐向】と呼ばれ、この「坐」となる方位の後天八卦を【宅卦】といいます。

【玄関の向き】(宅卦)で8つの家のタイプがある

※本来は南を上に北を下に表現(後天上位)しますが、わかりやすいように、北を上にします。

風水の【玄関の向き】によって入ってくる「気の流れ」の種類が違う

【玄関の向き】で、家の中を流れる気の方位が変わります。
家の中心から見て、8つの方位に分かれますが、各方位には、5種類の「気の流れ」があるとされます。
この種類によって吉凶禍福を判断するのです。

「気の流れ」には5つの種類があります。
(【紫白九星派】の「宅気」)

【宅卦】ごとの【宅氣】の方位とは

 坎宅(南向き玄関)
玄関自体に「煞氣」が流れる【 凶 】エリアです。対策には十分注意しましょう。
無理に配置は変えないで、家のシンボルなどを置いたりお香などを焚いて燃やすか
「風水八卦鏡」を置くことをお薦めします。また、リビングや客間も「煞氣」が流れます。
リビングや客間は、東、南、北西ではなく南東か南西に作るのが理想です。

 兌宅(東向き玄関)
東玄関は「生氣」が流れますので、明るく開放的な空間にしましょう。
植木を置くのも良いとされます。リビングや客間は東南が良いです。
体の悪い人が居るなら南か北西が適しています。
「氣が洩れる」北東は、窓の開けっぱなしに注意し、厚手のカーテンを施しましょう。

 離宅(北向き玄関)
北向き玄関は「洩氣」の流れる「凶」エリアになります。
必要以上の開閉や開けっ放しは慎みましょう。泥棒やストーカー的な人が入りやすいところです。
リビングや客間は南か北東にして、東や南西にはエネルギーのある置物か水槽を置いてください。
北の窓には厚手のカーテン状のものを掛けて下さい。

 乾宅(南東向き玄関)
玄関も吉(生氣)です。明るく活気ある状況にしましょう。植樹を置くのも良いでしょう。
北東に「煞氣」が入るのでここを明るくしアロマ等でエネルギー不足をおぎないましょう。
北西の部屋には病人、お年寄りを入れると「幸」になります。
南が「洩氣」ですから、窓の戸締りには注意しましょう。

 震宅(西向き玄関)
「西向き玄関」は、「死氣」で半吉半凶の場所になりますので、
「死氣」の所には植木を奇数の本数で置くか、60cm位の水槽を置き魚は赤い金魚なら9匹(奇数)を入れてください。
リビングは北西が最高で、南に病人は入れてはなりません。
※「凶」方エリアについてはこれに詳しい方にご相談ください。

 艮宅(南西向き玄関)
「旺氣」(大吉)の流れ込む吉方エリアです。流れ来る良い氣を濁さないように、整理整頓をキチンとしてください。
南西と北東が「旺氣」なので、子供部屋、病人の方、仕事部屋としても使用できるので運気が向上します。
北と南が「煞氣」(大凶)エリアなので、アロマを焚いたり部屋を明るくしましょう。
明るい花を飾る工夫などをしましょう。

 巽宅(北西向き玄関)
玄関が「死氣」エリアですから、植木を置いたり、水槽を置いたりすることをお薦めします。
南東は「旺氣」エリアですので理想的なリビング造りができます。
北東、西が「煞氣」(大凶)エリアですが、エネルギーを変えるため、
風水の道具、樹木、水槽などを工夫しておかれる事をお薦めします。

 坤宅(北東向き玄関)
玄関が「旺氣」(大吉)エリア、反対の南西も「旺氣」(大吉)エリアになりますので、リビングや客間、生活の場としても使いやすい所です。
どんな場所でも工夫する所はあるものです。北西や西は「不浄の氣」が入る意味でも人が入るよりも、ものを置く方が良いです。
キチンと整理をして使用してください。
※北西、西に仏壇等を置くことも可です。

まとめ

【玄関の向き】で判断する方法を【宅卦】(たっけ)といい、【宅卦】は、その家自体の吉凶のことです。
この【宅卦】によって、家に流れ込む気の流れが違います。
その気の流れのことを【宅氣】といいます。
【宅氣】には5種類の気の流れがあります。
【宅卦】の八方位と【宅氣】の5種類の気の流れの組み合わせが、その家自身の磁場になります。
この方位と本命卦の方位の両方とも吉方位ならとても良いとされます。

家と土地では、土地の判断が優先されます。
ちなみに、土地は【巒頭(らんとう)法】で判断します。