間取り

風水でキッチンの間取りは金運と健康に関係する?

そもそもキッチンという場所は、「火気」(コンロ等)と「水気」(流し台)の両方が存在する場所です。
「火気」と「水気」は風水の五行においては相反する関係で、つまり【相克(そうこく)】の関係にあります。

そのため、その「相克」の関係であるキッチンという場は、気の乱れが生じやすいところとなります。風水では【水】と【金】とは相性が良くお互いに生かし合う関係で、つまり【相生(そうじょう)】の関係にあります。

そのため、キッチンは【金運】と関係があるのです。
また、「火気」のコンロと「水気」の流し台の方位がそこの住人の健康に影響します。

キッチンと気の流れ

明るさと風通しの良さ。空気をよどませずに、空気の流れを良くすることを意識しましょう。
キッチンを広めにし、良い気が流れるように工夫すると、そこに住む人達が健康になります。

そうすれば、そこの人達も明るく協力するようになり、笑顔で落ち着くことが出き、失敗も少なく
人間関係、社会運もだんだんと運気が向上してきます。

キッチンの間取りの配置は?

キッチンも水回りなので、置いていい場所は基本的にはありませんが、
基本的な考え方としてはトイレと同じ考え方になります。

しかし、基本的常識として南側には配置しません。
理由は簡単です。南側だと食物が腐りやすく保管に適さないからです。

同じ水回りでも、キッチンとトイレを比べると、トイレの方が凶方位に置きます。

【風水】では、「凶方位」に配置します。
【家相】では、「吉方位」に配置します。

【風水】と【家相】では、配置して良い場所は・・・

わたし霊山の考えでは、キッチンは、裏鬼門(南西)には絶対配置しません。

風水でのキッチンを配置して良い位置

坎宅 (南向き玄関)

兌宅 (東向き玄関)

離宅 (北向き玄関)

乾宅 (南東向き玄関)

震宅 (西向き玄関)

艮宅 (南西向き玄関)

巽宅 (北西向き玄関)

坤宅 (北東向き玄関)

キッチンの「水」と「火」のバランスに注意

キッチンの「水」に属するものと「火」に属するものは近づけないように配置することに注意してください。

「水」に属するもの

・流し台
・電気ポット
・冷蔵庫

「火」に属するもの

・コンロ
・電子レンジ
・トースター
……など調理家電

コンロと流し台は出来るだけ離すこと

 (例)

コンロと冷蔵庫も出来るだけ離すこと

 (例)

電子レンジと冷蔵庫も出来るだけ離すこと

 (例)

キッチンで金運アップ

「水」属性のものから「火」属性のものを離すと金運アップ

五行において、「水」と「金」の相性は良いので、「水」は金運を呼びます。
そこに「火」が近づいたら、せっかくの「水」の作用が削られ、その作用で「金運」も下がります。
キッチンは広めにして、特にコンロと流し台、コンロと冷蔵庫は離してください。

キッチンには財布は置いてはいけません

財布の中身は、お札(紙)と硬貨(金属)が入っていますよね。
お札は、五行においては「木」に属し、硬貨は「金」に属します。

この財布の中の両方2つは、「火」と相性が悪く「相克(そうこく)」の関係にあります。
そのため、「火」があるキッチンに置いておいては【金運】が削られていくのです。

財布をキッチンに置くクセがつくと、「消費家」「浪費家」になりやすくなります。
ちなみに、「金運」は「財運」とは違います。「財運」は貯まっていく財産運のことです。

「金運」は必要な時に入ってくるお金のことで、貯まるお金のことではありません。
「財運」をひろげるためには、北側の寒いくらい場所に保管すると良いといわれます。
また、自慢しない、人に教えないこともコツになります。

金は西?

ちなみに風水本では金は西(金色・黄色)といわれて多くの人が実行していますが、上手くいっているのは財布屋と本屋さんぐらいだけでしょう。
わたしは、薄い緑色か緑色を進めています。わたしの周りで上手くいっている人が多いからです。

臭い対策をしましょう

キッチンは、調理後の残飯など、いろいろ悪臭が立ちやすいやすい場所です。
身体的にも精神的にも影響を及ぼします。

悪臭のものとなるものには注意を払って処置を施しましょう。
とりあえずは、調理後は換気扇を回すように心がけましょう。

整理しましょう

買ってきたものを整理せず、そのままにしておく悪いクセは直しましょう。
食材は生き物なので、収める所にキチンと修めないと財を逃がします。

キッチンで健康対策しましょう

ガスレンジや湯沸かし器などの「火気」と流し台「水気」の位置が重要

キッチンは水回りなので、もともと凶方位に配置された部屋です。
その空間内で、「火気」と流し台が危険方位から外れていれば「凶相」にはまりません。

【危険な方位(「火気」「流し台」)】とはどこなのかを説明します。

キッチンのNG

暗い場所や締め切った場所はNG

キッチンを暗くしたり、閉め切った場所にすると、気が淀んで人間関係にも微妙な変化が出てきます。
そうなると、社交運や金銭運・財運にも悪い影響が出てきます。

鍋やボウルが目の上の棚に置かれている

この状態は、この棚の上のものが常に気になったり、圧迫感があったり、落ちたりと危険の元です。、
身体にも負担がかかります。

水道の蛇口がコンロの方に向いている

家族に問題が生じてきます。
口論やケンカの原因になります。
(例)

フライパンやコンロに付いた焦げ付きが常に目に入る

こういうものも目に入ると、精神的に落ち着かなくなります。
焦げ付きは、こまめに掃除しましょう。
そうしても取れなくなったら、思い切って買い替えましょう。

ガス台の下に鍋やボウルや皿類が乱雑に置かれている

これは、邪気の貯まりやすい場となっています。
精神的に追い込まれます。

コンロが玄関または寝室のドアと対面している

 (例)

コンロが梁(はり)の下にある

 (例)

コンロがトイレの下やトイレの真上にある

 (例)

コンロがトイレのドアに直接対面している

 (例)